うまれたての光を取り戻す【碧-ao-】

古より伝わる祓いの装飾、神の依代『大麻飾り』専門STORE【碧-ao-】 ARTIST・まどかのBlogです。

御柱祭/長野・諏訪大社

御柱祭/長野・諏訪大社

7年毎の寅と申の年に行われる「御柱祭
 
正式名称は「式年造営御柱大祭」といい、
宝殿の造り替え、また
社殿の四隅に「御柱」と呼ばれる
樹齢200年程の樅の巨木を曳建てる
諏訪大社では最大の神事です。
諏訪大社HPより)
 
これに際し、諏訪大社 上社下社 4宮に
大麻飾りを奉納してきました。
 
大麻飾り職人の中には
奉納を頻繁にされている方もいますが、
私はほぼ初めて。
いろんな話をきいていたので、
何が起こっても動じないようにと
そんな面持ちでいました。
蓋を開けてみれば、、
素敵な驚きの連続。
  
 
事の発端は、
大学研究室時代の沖縄出身 諏訪在住の後輩が
久しぶりに連絡をしてきたと思ったら
御柱祭で元綱することになった」
御柱祭の画像を送ってきたことに始まります。
 
御柱祭とは
http://suwataisha.or.jp/onbasira.html
http://www.onbashira.jp/
 

f:id:madokaao:20160329112149j:plain

f:id:madokaao:20160329112152j:plain

f:id:madokaao:20160329112158j:plain



そして、なぜかその彼が急に
「大麻飾りっていいね」と
神の依代である大麻と祓い清めの装飾に
興味を持ち欲しいと言ってきたので驚き。
あれ?興味あったけ?という感じで。
びっくりぽんやわ。
 
元綱という持ち場が
ご神木にまたがって山を下る役割
(全員ではないらしい)ということがわかり。
ご神木にまたがる(可能性のある)彼が
大麻飾りを身につけるなら、
諏訪大社の神様にまずご挨拶を
大麻飾りを奉納した方がいいんじゃない?
そんな思いが立ち、
氏子である彼に動いてもらったら
あれよあれよと事が進んで奉納当日。
  
権禰宜(ごんねぎ)さんが
境内を案内してくださり、
下社上社の正式参拝。
普段では入れない敷地にはいり、
どこともなくご神体のお山から風が吹き
すっきり晴れた青空と
白く輝く八ヶ岳のもと
無事に滞りなく行いが済みました。

f:id:madokaao:20160329112453j:plain

www.instagram.com

 

一緒に参加した綾子ちゃんも

後輩も この機会を喜んでくれ
アンテナ立って動いてよかったと思えたのです
 
マツリ本番は、いよいよ今週末。
後輩の出番は、下社秋宮三。
抽選チケットも無事にとれたので
後輩の晴れ姿を拝んできます。
 
里山の大木 里に下りて 神となる
 
は~、ご神木・龍蛇神様に乗って
下るなんてえらいことですな。
事前にご挨拶できたので大丈夫でしょう。
一児のパパ、無事に里に戻ってきてね♪